マーケティング・コミュニケーション最適化
~市場に正しくメッセージを届けよう~  

こんにちは、クリエイティブグループマネージャーの安達です。

よくお客様から

『自社の製品・サービスの「強み/魅力」をどのように市場に対して訴求したらいいか悩んでいる』

という相談をされることがあります。

このような場合、

「製品・サービスを開発した際のコンセプトをベースとして、

キャッチコピーやビジュアルなどのクリエイティブ表現に反映し、それがそのままターゲットへ響く」。

これが理想的なシナリオです。

しかし、市場に製品やサービスが飽和している現状、

競合に明らかな強みや優位性を伝えていくのが難しくなってきていることも事実です。

そこで今回は、「マーケティング・コミュニケーション」と題して、

市場と製品・サービスの間で生まれるコミュニケーションに焦点をあて、

クリエイティブ視点から見た表現やメッセージなどの見直すべきポイントや

具体的な改善方法についてお話ししたいと思います。

一度作ったメッセージ、表現をそのまま使用していませんか?

お客様から製品・サービスの訴求についてご相談を受けていると、

「パンフレットなどのコンテンツで訴求するメッセージや表現は、一度作ってしまえばそれで終わり」

と考えていらっしゃる方もいますが、大きな間違いです。

たいていの場合、製品・サービスを簡単に作り変えることはできません。

それゆえ、多様化した市場ニーズの変化に対応するためには、

メッセージや表現といったマーケティング・コミュニケーションの方を常に見直し、

時には改訂することが求められるのです。

さらに現在、BtoB市場においても、

BtoCさながらにユーザーはネットで一括見積もりを取ることもできる時代。

自社の製品・サービスの紹介がひと昔前のユーザーに向けたクリエイティブ表現であると、

途端にメッセージ力は弱まります。

結果として他社と比較した際に「強み/魅力」が見えづらく、

存在感の薄いものになってしまうのです。

ぜひ、いまある制作物を現在の市場の状況と照らし合わせて確認してみてください。

現状の市場ニーズに対して訴求ポイントがずれていた場合は、

制作物の改訂も検討するといいでしょう。

セグメントされたターゲットにあわせてメッセージを変化させる

では、現代の市場ニーズに合わせた表現やメッセージにするために、

どんな点に着目したらよいのでしょうか。

まず、多様化する市場のニーズとターゲットをしっかりと把握することが必要不可欠です。

そして、そのニーズの中からどの点に対して訴求すべきなのかを決めることが重要です。

必要に応じて、テレマーケティングやウェブ調査といった

市場調査を実施するという選択肢も視野に入れるとよいでしょう。

市場ニーズは普遍的なものあれば、明らかにニッチなものありますが、

競合他社もそのニーズに対して同時に訴求をしていることを忘れてはいけません。

競合他社との厳しい競争にさらされる中では、

自社の製品・サービスの「強み/魅力」と市場ニーズを客観的に捉え、

的確かつ柔軟に表現することがなによりも重要となります。

安達さん挿絵3

クリエイティブが解決できること

クリエイティブは自社の製品・サービスと市場との

コミュニケーションをデザインする点において本領を発揮します。

“クリエイティブ”というと多く勘違いされがちですが、

メッセージ性の強いコピー(インパクト)や

ユーザーの視線を引き付けるビジュアル表現(アイキャッチ)だけが役割ではありません。

特にBtoBにおいては、

印象的な表現よりも、よりロジカルでとっつきやすい表現が求められます。

さらに、気を付けるべきことはそれだけではありません。

カタログや広告、Webサイトなどあらゆる媒体を活用する場合は、

各媒体に即したコピーやビジュアルが必要となります。

例えば、それがじっくりと読んでもらえる媒体か、

それとも数秒間で決着がついてしまう媒体なのか。

このような点についても、適切な内容になっているかどうかを改めて見直してみましょう。

今後、ますます市場ニーズの多様化が進む上で、

マーケティング・コミュニケーションも同様に多様化していくことが見込まれます。

この点については、クリエイティブ担当者だけでなく、

マーケティング担当者も念頭に置いておく必要がありそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事に関するお問い合わせはこちら