【2015年度版】年間アクセスランキング

皆様、いつもエムエム総研のオウンドメディアを

ご覧いただき、ありがとうございます。

2015年もいよいよ終わりが近づいていますね。

今年の6月に開設したこのサイトも半年あまりの運営期間を経て、
記事数も増え、だいぶ内容が充実してきました。

そこで今回は、節目に相応しくいままでにリリースした記事の中から、

よく読まれた人気の記事ベスト10をご紹介したいと思います!


10位  

マーケティング部門のあるべき姿に迫る

report06_l

“企業内におけるマーケティングのミッションとは何なのか?”
当たり前のようで見過ごしがちなことを、改めて詳しく解説しています。
マーケティング部門の運営に携わる方には是非お読みいただきたい内容です。

9位 

【特別インタビュー】日本のBtoBマーケティング担当者の道しるべになる 

#01

セミナー開催を記念したインタビュー記事がランクインしました。
代表取締役CEOの萩原が、BtoBマーケティングの必要性や、今後の展望について語っています。

8位

~デジタルマーケティング戦略を考える~
トリプルメディアを考えよう

トリプルメディア_0917_3

今ますます重要性を増してきたデジタルマーケティング。
その中でもマーケターなら必ず理解しておきたい「トリプルメディア」について、

わかりやすく解説している記事です。

7位

マーケティング・コミュニケーション最適化
~市場に正しくメッセージを届けよう~

オウンドビジュアル

クリエイティブ表現を用いて市場とのコミュニケーションをすることの重要性、
その際、競合に打ち勝つためには何に気を配るべきなのかについて説明した記事。
クリエイターのみならず、マーケターも必見です!

6位

ツイッター新機能『投票機能』でユーザーニーズを探れ!

twitterC

先日Twitterに追加され、大いに盛り上がった「投票機能」紹介記事。
エムエム総研ならではの視点で活用方法などをご提案しています。

5位

【特別インタビュー第3弾】
リードの質をぐっと高めるインサイドセールス活用術

#03

こちらもセミナー特別企画記事。CSグループのマネージャーが、
ナーチャリング活動から上がるリードの精度を一定に保つ
インサイドセールスの活用について語っています。

4位

法人営業組織におけるマーケティング導入のポイント②
法人営業の新規初回訪問時のプロセスを知る

report08_l

マーケターが普段なかなか知ることの出来ない、
営業現場のリアリティについてご紹介しているのがこちらの記事。
マーケターの視点だけではなく、営業のプロセスを理解したうえで、
効率よく成果を最大化できる仕組みを検討していきたいですね。

さて、ここからはいよいよベスト3の発表です。

第3位

イベント会場で楽曲を使用する上での注意点とは

report03_l

自然検索からのアクセスが一番多かったのがこちらの記事!
イベントプロモーションに携わる方であれば必ず知っておいていただきたい、
音楽の著作権に関するお話です。
会場にて音楽の再生を検討している方は、ぜひ一度この記事を読んでいただきたいなと思います。

第2位

【特別インタビュー第2弾】
デジタル×ナーチャリングで競合の一歩先へ

#02_visual

セミナー特別企画インタビュー記事が上位にランクイン。
中でもこちらの記事を一番多くお読みいただいているのは、
やはり、デジタルマーケティングへの関心が高まっているからなのでしょうか。
セミナーの意気込みを語るのが主旨のインタビューではありますが、
エムエム総研のデジタルマーケティングでは具体的に何をやっているのか
よくわかる記事となっております。

そして栄えある第1位は…

第1位

【特別企画】
「BtoBマーケティング実践セミナー」開催記念 登壇者インタビュー!

告知記事

なんと、1位はセミナーの告知記事でした!
自社セミナーの開催を多くの方に注目していただけて光栄です。

こちらのセミナーは、来年2月に第2回の開催も予定しておりますので、
ご興味のある方はぜひご参加ください。


いかがでしたでしょうか。
未読の記事で気になるものがあれば、この機会にぜひご一読ください。

また今後このような記事を取り上げてほしいというリクエストも募集しております。
本記事へのコメントにて募集を受け付けております。

エムエム総研では、2016年も引き続きオウンドメディアを更新していきます。

BtoBマーケターの方々にとってなくてはならない存在になれるよう、

より良質なコンテンツを発信したいと考えておりますので、

今後ともよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事に関するお問い合わせはこちら